結核の現状と予防、そして私たちにできること     第12回関東甲信越地区結核予防婦人団体幹部研修会

 関東甲信越地区の結核予防婦人団体幹部を対象とした研修会が、11月24日ホテルブリランテ武蔵野を会場に、10都・県から80人を超える参加で行われました。県婦連結核予防会からは51人が参加しました。  県婦連結核予防会の柿沼トミ子会長、埼玉県健康づくり事業団の富岡正明専務理事があいさつを行い、来賓の埼玉県保健医療部疾病対策課・野本実課長からご祝辞をいただきました。  研修会は午前・午後の2部制で、結核予防会結核研究所の石川信克所長、森亨名誉所長がそれぞれ講演し、「結核は過去の病気ではなくいま流行っている病気である。昨年でも2万人弱の方が発病しており、特に70歳以上の高齢者と39歳以下に多く、定期検診をして欲しい」「日本の結核罹患率は米国の5倍。特に小児は結核に感染するとすぐに発病しやすく重症化しやすい。BCG接種によって小児結核は激減しているが油断は禁物。予防接種を続けることが重要」など、結核の現状と予防法をお聞きしました。  続いて、全国結核予防婦人団体連絡協議会の山下武子理事・事務局長を迎え、「複十字シール募金の使い方」「結核予防婦人会の役割」について、10班に分かれ班別討議を行いました。各班の討議内容を発表後、山下理事が「複十字シール募金の正しい知識を持つと共に年賀状に貼ってみるなどの使い方の工夫。行政とも協力し、役員が結核予防について広げていく意識を持ち続けることが重要」とまとめられました。

続きを読む

全国の婦人会の仲間と共に、学習と交流を深めました 第63回全国地域婦人団体研究大会

 46年ぶり福岡県で開催された全国大会は、10月1日・2日ヒルトン福岡シーホークを会場に、全国から1,500人余、県婦連から26人が参加しました。  「『歴史に学び、未来に夢を馳せ、やさしい心で創る安心・安全な地域社会』~よりそい、つむぎあう心温まる社会を~」をテーマに、2日間にわたり学習・交流しました。  初日は、特別講演として元消防庁長官・久保信保氏の「東日本大震災と日本の消防」と題した講演が行われました。「東日本大震災では、消防が緊急消防援助隊を組んで北海道から沖縄まで3万人以上が現地に入り救助活動を行った。震災を教訓に地域の自主防災の意識を高め、いざという時のために組織を作り役割分担し訓練しておく、ぜひ県婦連の女性の力を発揮してもらいたい」と話しました。  続いて、環境、福祉、教育、組織、歴史の5つの分科会に分かれ、学習を深めました。 夕方からは情報交換会が行われ、小倉祇園太鼓や久留米そろばん踊りなど地元の芸能なども披露されました。  2日目のオープニングは全国吹奏楽コンクールなどで金賞受賞の常連校、精華女子高等学校吹奏楽部による演奏とパフォーマンスで大いに盛り上がりました。  開会行事に続き、記念講演として臨済宗大徳寺派宗務総長・戸田実山氏の「迷いの在る処、(宗教と文化)」と題した講演が行われました。「命には限りがあり、『足るを知る』ことで心豊かに生きられることを知れば、宗教や民族の争いはなくなるのではないか」と話しました。  続いて、大会宣言・決議(案)が拍手で採択さ…

続きを読む

大宮で結核をなくすための街頭募金を行いました 複十字シール運動街頭募金

9月24日から始まる結核予防週間に先立ち、前日の23日大宮駅西口歩行者デッキにおいて、埼玉県保健医療部疾病対策課、(公益財団)埼玉県健康づくり事業団、東松山市松山婦人会、蕨市旭町婦人会、北本市婦人会など約30人の参加で募金活動を行いました。 当日は朝9時半からの2時間、「結核をなくすための複十字募金にご協力ください」と道行く人に協力を訴え、約1万円の募金が集まりました。同時に、「複十字シール、パンフレット、ポケットティッシュ」1500セットを配布し、結核をなくすための正しい知識の普及にも努めました。 複十字シール運動は、結核予防を目的に世界各国で行われています。県婦連では、「複十字シール・封筒」募金に協力しており、その募金は結核予防の普及啓発活動、開発途上国への結核対策支援などに活用されています。

続きを読む

一人ひとりが考え行動する、その一歩に!          第51回埼玉県消費者大会

 「平和で安心してくらせる社会のために、行動する消費者になろう」をスローガンに、9月25日埼玉会館で開催されました。全体会には800人、分科会には452人が参加し、県婦連からはのべ70人が参加しました。  オープニングは「平和を考える朗読」として、斉藤とも子さんによる向田邦子作「字のないはがき」が朗読され、参加者は一気に本の世界に引き込まれました。  全体会では、NPO法人「高齢社会をよくする女性の会」理事長の樋口恵子さんが「一歩ふみだせば、何かが変わる」~ひとり一人ができること~と題した講演を行いました。  「80歳代が10人に一人の現在、子育てが終わってから夫婦2人の時間が、これまでの歴史上経験したことがないほど長くなっている。日本人の平均寿命は戦時中、男性が20歳代、女性が30歳代。その後徐々にのびてきて男性が60歳の定年後数年、女性が夫を亡くして数年。そして現在は長い時間を夫婦で過ごす初めての第一世代。夫婦ゲンカが絶えないと聞くが当たり前で、その時間をどう過ごすか、ぜひ模索して今後の見本になってもらいたい」などユーモアを交えながら講演し、参加者から拍手や笑い声がおこりました。  午後からは、「食」「消費者問題」「社会保障」「くらしのテーマ 相続・遺言」「くらしのテーマ 法律・憲法」の5つの分科会に分かれ、それぞれの課題を深めました。

続きを読む

全ての拉致被害者(特定失踪者を含む)の救出を目指して

 埼玉県内でも、北朝鮮に拉致された「拉致被害者」、そして拉致の可能性を排除できない「特定失踪者」がいます。  平成27年9月5日埼玉会館小ホールにおいて、北朝鮮に拉致された日本人を救出する埼玉の会と埼玉県が主催で「拉致問題を考える埼玉県民の集い」が行われました。会場は参加者であふれんばかり、うち県婦連からは45人が参加しました。  第1部では被害者家族が「家族そして拉致された本人も高齢になっており、もうギリギリの状況。拉致問題は正念場です」と訴えました。  第2部では、拉致被害者の曽我ひとみさんが、ご自身の書いた手紙を読む形で講演を行いました。お母様と拉致された時の状況、北朝鮮での貧しい生活、横田めぐみさんとの8カ月の交流、身につけている腕時計は母様に買ってもらったもので何度も修理を重ね肌身はなさず持っていることなど、帰国から13年経った今も思い出すのが辛いお話しを語ってくれました。  そして、「いま私は家族と一緒に居られて幸せです。一刻も早く被害者全員の帰国を実現させて家族と一緒に幸せに暮らしてもらいたい」と早期解決を訴えました。 ※「特定失踪者」とは北朝鮮による拉致の可能性を排除できない失踪者を指す言葉です。 現在日本政府が認定している「拉致被害者」は17名ですが、実際はそれより遙かに多くの人が拉致されています。

続きを読む

"核兵器のない平和な世界を後生に" 第30回埼玉県原爆死没者慰霊式

 被爆から70年となる今年の埼玉県原爆死没者慰霊式が、7月26日埼玉会館小ホールにおいて約450人の参加で行われました。  午前の部の「慰霊式」には、ご遺族ならびに上田埼玉県知事代理で県保健医療部・石川部長、さいたま市・清水市長など、多くの来賓の方が参列されました。県内では昨年、広島と長崎の被爆で新たに82人が亡くなり、名簿を県・石川部長が慰霊碑に奉納しました。これにより死没者名簿の記載者は1301人となりました。  黙祷、主催者あいさつ、来賓あいさつに続き、被爆者ご遺族、参列者が慰霊碑に献花と折り鶴を奉納しました。  閉会の挨拶には、協力団体を代表して県婦連・森 和江副会長が登壇し、「次世代に原爆の恐ろしさ、平和の大切さを伝えていきたい」と話しました。    午後からは核廃絶の為のシンポジウム「核兵器とは共存出来ない」をテーマに、しらさぎ会・肥田舜太郎名誉会長(98)、同・堀田シヅヱ元会長(95)、同・田中熙巳会長(83)らが、それぞれの被爆時の状況や慰霊碑建立までの道のりなど話されました。最後に田中会長が「被爆者はどんどん高齢化している。お二人を見習って私も長生きするつもりだが、被爆の実相を伝え若い人たちに継承していくことが重要。それはたとえ原爆がこの世から無くなったとしても、作り方を知ってしまった人類が続く限り、継承していかなければいけない。まず今日参加されたみなさんの口から伝えていってもらいたい」と訴えました。  続いて、原爆60周年平和祈念作品「NAGASAKI 1945…

続きを読む

関東ブロック会議“心豊かな地域社会をめざした婦人会活動”を!

 関東圏の婦人会員が一堂に集う、平成27年度、全国地域婦人団体連絡協議会(全地婦連)・関東ブロック会議(1都10県1市)が、新潟県新発田市の月岡温泉にて6月24日・25日に開催されました。全体では約500人、埼玉県婦連から21人が参加し、魅力ある婦人会の更なる発展とキッカケづくり、またエネルギーや防災をみんなで考える機会となりました。    最初に全体会が行われ「これからの婦人会 ー地域の力ー」と題し全地婦連の柿沼会長が提案発表し、その後参加者は3グループに分かれ意見交換をしました。     2日目は作家・エッセイストの神津カンナさんが「エネルギーの今を考える~母娘で語る・暮らし・エネルギー・地域防災~」と題した講演を行い、第二部ではカンナさんのお母様であり女優の中村メイコさんとの対談が行われました。  更に視察研修として、柏崎・刈羽原子力発電所の見学が行われ、埼玉県婦連から12人が参加しました。

続きを読む

第68回 埼玉県地域婦人会連合会総会

 5月9日彩の国すこやかプラザ・セミナーホールにおいて、約150人の出席者及び、来賓として上田・埼玉県知事、安原・県教育局市町村支援部長、芋川・同生涯学習文化財課長、牧・県県民生活部男女共同参画課長、山本・同消費生活課長の参加で総会が開催され、2015年度の活動方針や予算案が承認されました。  始めに、柿沼トミ子会長が「女性の元気は社会の元気。健康に留意し地域をみんなで元気にしていきましょう。また、来年は婦人会の全国大会が埼玉県であります。県のお力も借りながら、皆さんの力でぜひ成功させましょう」とあいさつしました。   続いて、上田県知事が「シニア、女性の活躍を期待しています。皆さんが健康であれば医療費も削減でき、それを子育て支援などに充てることができます。私は健康のため毎朝後ろ歩きをしていますが、職員が一緒に後ろ歩きをするとペースが速すぎで転んでしまうこともあります」とユーモアを交えながら、女性の活動に期待を寄せるあいさつをされました。

続きを読む

彩の国すこやかプラザに花を寄贈

 5月1日(金)彩の国すこやかプラザのエントランスのプランターに、今年も花を寄贈しました。(埼玉県立特別支援学校さいたま桜高等学園生産技術科の生徒さん達が栽培した花を「県婦連緑の銀行 一円募金」より購入) 初夏を思わせる日差しに、ひと休みする来館者が目をとめていました。

続きを読む

もったいない「0(ゼロ)」プロジェクト

生団連(国民生活産業・消費者団体連合会)からの提案、「もったいない0プロジェクト」は、食品ロスを減らしたい!と始まったプロジェクトです。 もったいないをなくして、得をする!詳しくは生団連のブログをご覧下さい! http://www.seidanren.jp/mottainaizero/

続きを読む

送り付け商法に高齢者からの苦情相談激増!~頼んでいないのに代金引き換えで届く健康食品など~

県内の消費生活相談センターに寄せられる高齢者からの苦情相談の件数が、過去最高に増加しています。最近特に増えている内容が「送り付け商法」です。 どんな手口か 「以前お申込みを頂いた健康食品を今から送ります。」などと突然電話があり、申し込んだ覚えがないと断ったのに強引に送り付けられ、受け取る際に代金を支払うというものです。健康食品以外に、カニなどの魚介類、かんきつ類などもあります。断ろうとすると「(認知症の)母親から注文を受けている!」と電話口で怒鳴る、「運送代梱包代を弁償しろ。弁護士を複数連れて行く」とすごむ、業物名や連絡先を聞いても答えない、「注文を受けてから製造したのに!」と再度勧誘され支払うことになったケースもあるそうです。 どうすれば良いか ① 名称や連絡先のわからない事業者とは取引しない。 ② 申し込んだ覚えもなく購入するつもりがなければきっぱり断ること。 商品が届いてしまったら ③ 電話で勧誘され承諾してしまった場合、クーリングオフできる(生鮮食品でも)。 ④ 断ったにもかかわらず一方的に送り付けられた商品は「受取拒否」すること。 ⑤ 病気の治療目的で健康食品を利用することは絶対に避けること。 ⑥ 周囲の人間として:高齢者がトラブルにあっていないか見守ること。 ⑦ トラブルにあったらすぐに消費者相談窓口に相談すること。(0570-064-370) 悪徳商法高齢者被害 「見守り」と「気づき」のポイント ① 見慣れない契約書や、請求書がある。 ② 健康…

続きを読む

第53回全国消費者大会

2015年3月13・14日 主婦会館プラザエフにおいて第53回全国消費者大会が開催されました。1日目は「消費者政策」「食」「社会保障」「環境・エネルギー」の4つの分科会と特別分科会(テーマ:憲法がめざす国民が主権者の社会)が、2日目は全体会で、各会場講演等が行われました。 参加した「環境・エネルギー」の分科会では、テーマを『観光立国より環境立国!』とし、飯田哲也さん(認定NPO法人環境エネルギー政策研究所 所長)、吉原 毅さん(城南信用金庫理事長)、山崎求博さん(NPO法人足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ事務局長)3人の講師の講演、質疑応答・意見交換を行いました。 飯田さんは、グローバルなエネルギー変革のただ中で日本は「3.11」に遭遇し、脱原発・自然エネルギーへの意識転換がされてきました。「ご当地エネルギー」を地域の政策の中で取り組んでいきましょう、と日本のエネルギー政策や経済の視点からも話されました。 吉原さんは、「自分さえ、今さえよければ」ではない。脱原発と自然エネルギーの推進こそ信用金庫の使命 !と協同組合組織の金融機関として研究行動してこられた、理念と自然エネルギー問題について話されました。 山﨑さんは、消費者から生産者に ご自身やネットワークとして結成された市民電力連絡会の、市民・地域主導による再生可能エネルギー発電事業の現状と課題を話され、「できない理由を探さず、できることをしましょう」と励まされました。 また、特別分科会では、報道写真家の中村梧郎さんの「東日本…

続きを読む

良縁に恵まれますように

「結婚のお相手をひろく探すために」  埼玉県婦連では、結婚相談の業務も担っています。登録された方の中で、ご自分の求める条件の方を一緒にお探しし、ご紹介(お見合い)、ご結婚まで見守る形のお手伝いをさせて頂いています。 現在、20代から50代までの男性24名、女性19名が登録されています。お仕事柄、異性との出会いが少ない、時間がないなど、結婚につながるチャンスを逃していると感じられたら、一度お電話からご相談下さい。 【お手続きについて】 相談日・電話共   土日祝祭日を除く 10:00~16:00  ※ご来館の際は電話でご連絡を 提出書類       ・戸籍謄本1通 ・履歴書  1通 ・写真   2枚(顔のはっきりしたものと全身 3ヶ月以内に撮影した物) 経費 ・登録料        5,000円 ・お見合い       2,000円(1人) ・成立料(ご結婚)  50,000円(1人) お問い合わせ TEL 048-822-2466 さいたま市浦和区針ヶ谷4-2-65 彩の国すこやかプラザ 2階 (JR与野駅から徒歩10分)

続きを読む

2月7日 「北方領土の日」に

2月7日、東京の日比谷公会堂で平成27年「北方領土返還要求全国大会」が開催され、元島民や返還運動に取り組む団体の関係者など、約1500人が参加しました。 この大会は、全地婦連が幹事団体を務める北方領土返還要求運動連絡協議会(北連協)と、地方6団体(※)、内閣府が共同で、毎年2月7日の「北方領土の日」に開催。埼玉県婦連からも約30名参加しました。  第一部は 戦後70年北方領土の返還を求める元島民の声 と題し元島民の関係者他から活動の報告や終戦時17,291名から6,596名、平均年齢80歳になる元島民の現状、早期返還を求める声が届けられました。  第二部では、大会実行委員長・立道 斉氏が「日露交渉の加速に期待します。返還を強く求め、共に頑張りましょう。」とのあいさつをし、安倍首相からは「元島民の皆さまが高齢となり、早急に北方領土問題の解決を図らなければならないことを肝に銘じて対応する」と述べられ、また「今年は戦後70年の節目の年に当たる。今も日ロ間で平和条約が締結されていないことは異常だと言わざるを得ない」と指摘、国民の総意である返還に引き続きの協力を呼びかけました。 ※地方6団体=全国知事会・全国都道府県議会議長会・全国市長会・全国市議会議長会・全国町村会・全国町村議会議長会

続きを読む

華やかに 新年がスタート

1月15日(木)浦和ワシントンホテルに於いての、平成27年埼玉県地域婦人会連合会 新年理事会・懇親会には、ご来賓に埼玉県知事 上田清司様、県議会議長 長峰宏芳様、県教育局支援部、生涯学習文化財課、県民生活部男女共同参画課の方々にご出席いただき、120名の参加で賑やかに開催しました。 理事会では、5名の会員が長年の功績に対し表彰されました。また懇親会では、柿沼会長が「女性の輝く社会づくりは地域のネットワーク作り、地域創生のためには婦人会の力が必要。自信と誇りを持って活動していただきたい。」と挨拶しました。また上田知事より、「これからも地域でのリーダーシップに期待します。」と励ましの言葉をいただきました。 余興では、得意の舞踊や歌の披露から、埼玉の民謡2曲を舞台から会場へと広げながら皆で踊り、最後に「一月一日」の全員合唱で締めくくりました。 外は冷たい雨模様でしたが、暖かく華やかなひと時を過ごしました。

続きを読む

全国大会(福島県) 参加しました

10月19日(日)~20日(月) 埼玉県からは、46名が参加しました。 加須からのバス組と大宮からの新幹線組に分かれて 目指すは、1日目の分科会会場の「会津大学」。 ※新幹線組は、思いもよらぬハプニングもありましたが   福島の婦人会のおかげで無事に到着 新幹線組は郡山からバスで、車内は福島県の方たちと 歌を歌いながら交流!

続きを読む

やっとブログを更新!

1月からの活動や行事を報告します。 【1月18日(金)】新年理事会・懇親会 ホテルブリランテ武蔵野 100名(来賓・会員) この時期の恒例行事となっています。 来賓として埼玉県議会議長 小島信昭様、埼玉県副知事 塩川修様、 そして教育局市町村支援部、生涯学習文化財課、県民生活部男女共同参画課の方々にご出席いただきました。 30分間の理事会が終わったら、お楽しみの懇親会。 会員が日本舞踊、南京玉すだれ、カラオケを披露しました。 締めは「彩の国は夢の国」の歌に合わせて、会員の方々が会場内を楽しく踊りました。 【5月17日(金)】平成25年度埼玉県婦連総会 彩の国すこやかプラザセミナーホール200名 午前の総会 埼玉県知事 上田清司様、県議会議長 細田德治様(H25.3.27就任)、 教育局市町村支援部、生涯学習文化財課、県民生活部男女共同参画課、 消費生活課の方々を来賓にお迎えしました。 午後の部前半は、埼玉県保健医療部健康長寿課による 「健康長寿サポーター養成講習」 受講された約160名には、後日「健康長寿サポーター応援ブック」が手渡されます。 後半は「婦人会活動発表」 秩父地域婦人会連合会 、かぞ地域女性会連合会 草加市連合婦人会、久喜市久喜婦人会連合会 以上4つの連合婦人会が、それぞれ昨年取り組んだ活動を発表、会場内には写真も展示しました。

続きを読む

「くらしの教養大学」を開催しました。

11月16日(金)【埼玉県男女共同参画推進センターWith Youさいたま】に於いて 年間事業の一つ『くらしの教養大学』を行いました。婦人会会員と一般の方を含めて、97名の参加者。 午前は「製品安全セミナー」(経済産業省 所管) 1)製品事故から身を守るために 2)製品の安全な使い方/再現映像を踏まえて 3)製品安全の取り組みについて 新しい製品が誕生して、生活が大変便利になってきています。 しかし使い方を間違えたり、不注意によって事故が多く発生しています。改めて製品には危険性が潜んでいることを学び、誤った使い方や不注意による製品事故をなくすため学習をしました。 昼食は「米粉パン」(埼玉県米消費拡大推進連絡協議会 米粉利用推進事業として)を食べました。今年は「ローソン」で購入できる、米粉パン3種類を選びました。 午後は「相続と遺言」 ファイナンシャル・プランナーの方を講師に、相続の基礎知識をわかりやすく解説していただき、遺言についての注意点など大切な財産を守るための学習をしました。

続きを読む

ブログ はじめました

埼玉県地域婦人会連合会です。 これから、私たち婦人会の活動報告や行事の 予定などを、お知らせしていきたいと思います。 よろしくお願いします。

続きを読む