くらし・地域を豊かにするための行動、そして消費者市民社会の構築に向けて

10月9日埼玉会館にて、第54回埼玉県消費者大会が開催されました。
本年度は柿沼会長が実行委員長となり、県婦連からは70人が参加しました。
画像


全体会は「子どもの貧困の現状と、私たちが考えなければいけないこと」と
題して、湯浅誠さん(法政大学教授)による講演がありました。

午後からは「食」「消費者問題」「社会保障」「環境」の分科会が行われました。
画像

県婦連は「環境」を担当しました。
(写真:分科会閉会のあいさつをする森副会長)

"くらし・地域を豊かにするための行動、そして消費者市民社会の構築に向けて" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: