核兵器のない平和な世界の実現を! 第31回埼玉県原爆死没者慰霊式

 広島、長崎の原爆被爆から71年目の7月31日、さいたま市浦和コミュニティセンター10階多目的ホールにおいて、被爆者、議会議長、国会・県議会・さいたま市議会、実行委員会団体等から約270人が参列しました。
画像
 はじめに、三田一夫埼玉県保険医療部部長による原爆死没者名簿奉納、黙祷に続き、埼玉県原爆被害者協議会の田中熙巳会長があいさつに立ち、「被爆者は高齢化したが、生きている限り慰霊式を支えて下さる団体、個人の方々としっかりと手を携えて、核兵器や原発のない世界、核の脅威のない世界の実現に向けて活動を続けます」と訴えました。
次に、来賓の上田清司埼玉県知事(三田一夫保健医療部部長代読)、清水勇人さいたま市長(森山成久総務課長代読)、各界からごあいさつをいただきました。
画像
 続いて、参列者による花と折り鶴の奉納、被爆体験聞き書き行動実行委員会による埼玉在住の被爆者3人の体験の朗読等が行われ、終わりに埼玉県地域婦人会連合会の森和江副会長が閉会のあいさつを行いました。

"核兵器のない平和な世界の実現を! 第31回埼玉県原爆死没者慰霊式" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: