地域から世界から結核の追放を!

公益社団法人 全国結核予防婦人団体連絡協議会の創立40周年記念「婦人の国際会議」が、8月29日東京のホテルニューオータニで行われ、埼玉県婦連結核予防会から10人参加しました。
壇上には、結核予防会総裁の秋篠宮妃殿下、来賓として麻生太郎副総理大臣、公益財団法人結核予防会の工藤翔二理事長、カンボジア国会議員のLORK Kheng氏らと共に、全地婦連の柿沼トミ子会長も登壇されました。
画像

画像
皆さんあいさつの中でこの協議会結成の発端となった、昭和25年に長野県の小学校で起こった結核の集団感染にふれ、母親たちが結核をなくそうと立ち上がったことから各都道府県や政令指定都市に結核予防婦人会が誕生し、昭和50年にこの協議会が発足したことや、いまだ結核の罹患立の高い中蔓延国である日本で、結核予防の学習や知識の普及と共に、主要な感染症として十分な対応が必要であることなどを話されました。
また、「世界の結核を婦人の手でなくす」という共通目標から、近隣諸国への協力・支援活動として、カンボジアにおける活動が報告がされました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック