脱原発と再生可能エネルギーへの転換を!

 「2016さよなら原発埼玉県民集会」が、10月29日さいたま市文化センター大ホールにて行われ、650人が参加しました。
 始めに、埼玉うたごえ協議会&青い空合唱団による「青い空は」を含む3曲の歌声が披露されました。続く主催者団体紹介では、実行委員団体として埼玉県婦連の森和江副会長を含む5人が登壇し、埼玉県生協連の岩岡宏保さんが主催者あいさつを行いました。
 画像
 講演・報告では、福島原発告訴団団長の武藤類子さんが、原発事故から5年7カ月の福島の現状報告と原発事故の刑事責任を問う裁判への注目と支援を呼びかけました。
 次に弁護士・脱原発弁護団全国連絡会協同代表の海渡雄一さんが、「世論調査では原発再稼働に国民の57%が反対している。一緒に原発を止めましょう」と呼びかけました。
 続いて、講談師の神田香織さんによる「チェルノブイリの祈り」が披露されました。話しは30年前に起きたチェルノブイリ原発事故の消火活動にあたり放射線被ばくをしてしまった消防士とその妻の物語で、講談の前半30分とはいえ会場は一気に事故後の世界に引き込まれシーンと静まりかえりました。
 閉会後、会場から南浦和駅西口までパレードが行われました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック