自然の宝庫である北方四島の現在 第31回北方領土返還要求埼玉県民大会

 2月18日さいたま市浦和区にあるときわ会館において開催され、参加者は全体で42人、県婦連から17人が参加しました。
 北方領土返還要求運動埼玉県民会議の柿沼トミ子会長の主催者あいさつに続き、埼玉県県民生活部・矢嶋行雄副部長が「埼玉県には124人の元島民の方が住んでおり他人ごとではない。北方領土の日の前後、メディアも使い普及啓発活動を行っている。北方領土のことを若者に知ってもらいたい」と県を代表してあいさつしました。
画像

 次に、北方領土返還要求運動連絡協議会の児玉泰子事務局長が、「北方領土の今を知ろう」と題し講演を行いました。「北方領土は自然が豊かで豊富な海産資源に加え、ラッコ、あざらし、トド、シャチなど海の生物やここでしか見られない高山植物などもあり自然環境の宝庫です。現在島はロシアが若い家族の定住化を進め、施設も充実させています。開発が進むと問題なのがゴミで、豊かな自然が崩壊していくのではと心配です」と島の様子をスライドで紹介し、北方領土返還に向け「安倍首相がロシア訪問を予定しています。手紙を書くなど何か一つから行動を!」と参加者に呼びかけました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック