第53回全国消費者大会

画像2015年3月13・14日 主婦会館プラザエフにおいて第53回全国消費者大会が開催されました。1日目は「消費者政策」「食」「社会保障」「環境・エネルギー」の4つの分科会と特別分科会(テーマ:憲法がめざす国民が主権者の社会)が、2日目は全体会で、各会場講演等が行われました。
参加した「環境・エネルギー」の分科会では、テーマを『観光立国より環境立国!』とし、飯田哲也さん(認定NPO法人環境エネルギー政策研究所 所長)、吉原 毅さん(城南信用金庫理事長)、山崎求博さん(NPO法人足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ事務局長)3人の講師の講演、質疑応答・意見交換を行いました。
飯田さんは、グローバルなエネルギー変革のただ中で日本は「3.11」に遭遇し、脱原発・自然エネルギーへの意識転換がされてきました。「ご当地エネルギー」を地域の政策の中で取り組んでいきましょう、と日本のエネルギー政策や経済の視点からも話されました。
吉原さんは、「自分さえ、今さえよければ」ではない。脱原発と自然エネルギーの推進こそ信用金庫の使命 !と協同組合組織の金融機関として研究行動してこられた、理念と自然エネルギー問題について話されました。
山﨑さんは、消費者から生産者に ご自身やネットワークとして結成された市民電力連絡会の、市民・地域主導による再生可能エネルギー発電事業の現状と課題を話され、「できない理由を探さず、できることをしましょう」と励まされました。
また、特別分科会では、報道写真家の中村梧郎さんの「東日本大震災、その後に何が起きている?」と題した写真を交えての講演などが行われました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック